Page 1 Page 1
- 1 - -1-
GK609A GK609A
取扱説明書 ( Rev 190223) Instruction Manual ( Rev 190223)
この度は、エレバグモ-ド付きメモリーキーヤーをお買い上げいただき、誠に有り難うございました。 Thank you very much for purchasing the Memory Keyer with Elebag Mode.
1. GK609Aの特徴 1. Features of GK609A
① リグ 3( RIG ABC )を切り替えて 使用できます ① Switch between 3 rigs (RIG ABC)
② イヤホン端子があり、イヤホンの使用や CW 解読器と繋ぎご自分の符号の解読( 確認 )が出来ます ② There is an earphone terminal, and you can use the earphone or connect it to a CW decoder to decode (confirm) your code.
③ アイアンビックモード(通称エレキー)の他にエレバグモードがあり、バグキーの様に任意の長さの長点が出せます ③ In addition to the Iron Bic mode (commonly called Elekey), there is an Elebug mode that can produce long points of any length like a Bug Key
④ エレバグモードでは、短点と長点との間のスペースが、規定の長さ(短点 1 つ分)に自動的に補正されます ④ In Elebag mode, the space between the short point and long point is automatically corrected to the specified length (one short point)
これにより、エレキーの気軽さで、バグキーライクな符号が打ち出せます This makes it possible to create buggy-like codes with the ease of Elekey.
⑤ アイアンビックモードとエレバグモードは、モード切替スイッチで簡単に切り替えられます ⑤ You can easily switch between Iron Bic mode and Elebag mode with the mode selector switch.
(アイアンビックモードでは、左右のツマミの同時押さ(スクイズ操作)で、短点と長点の交互の連続符号が出ます (In Iron Bic mode, alternating short and long dots are generated by pressing the left and right knobs simultaneously (squeeze operation).
⑥ 再生中に割り込みが可能(再生中に一旦停止が出来、 キー操作が出来ます) ⑥ Interruption is possible during playback (can be paused during playback and key operations can be performed)
⑦ ハンドキーの端子(縦振キーやバグキー、複式キー等)があり、エレキーとの即座の切り替え使用が出来、その符号の ⑦ There are hand key terminals (longitudinal key, bug key, compound key, etc.), which can be used for instant switching with the electric key.
記録/送出が可能です Recording / sending is possible
⑧ 通常の操作の他に付加機能設定として、デモモード、自動 CQモード、リピートモード(①全CH、②CH4とCH8のみ)デ モDemo mode, automatic CQ mode, repeat mode (①All CH, ②CH4 and CH8 only) as additional function setting besides normal operation
などアッドファンクションを付加設定できます Add function can be added
⑨ モニター音も内蔵 (このクラスとしは大きな音量です) 内 蔵 Built-in monitor sound (high volume for this class)
⑩ メモリーは不揮発性であり、スイッチを切っても、内容が消えません メ モ リ ー The memory is non-volatile and will not be erased even if the switch is turned off.
⑪ 単四電池 2 本で動作し、不使用時に殆ど電流を消費せず、電源スイッチを切り忘れても問題ありません 動作 Operates with 2 AAA batteries, consumes little current when not in use, and forgets to turn off the power switch
2.使い方 2. How to use
2.1準 備 2.1 Preparation
まず電池が入っていることを確認します。 First make sure the batteries are installed. 電池は単四が 2 本です。 There are two AAA batteries. (出荷時実装) (Installed at shipment)
交換時は電池交換用フタのネジ 2 本を外し、電池のマイナス側を奥にして入れます、2 本とも同じ向きです。 When replacing the battery, remove the two screws for the battery replacement cover and insert the battery with the negative side in the back. Both are in the same direction.
次に、パドルを付属のミニステレオプラグ付きコ-ドに接続し、本体左面の Padle 端子に繋ぎます。 Next, connect the paddle to the supplied cord with mini stereo plug and connect it to the Padle terminal on the left side of the main unit.
ここで、POW(電源)スイッチをONにします。 Here, set the POW (power) switch to ON.
SPEED(スピード)と MON(モニター)のツマミは、中央に合わせておきます。 The SPEED (speed) and MON (monitor) controls should be centered.
2.2アイアンビックモードでのオペレーション 2.2 Operation in Iron Bic mode
一番左のE K EY (エレキー)とE B UG (エレバグキー)のモード切替スイッチをE K EYにします。 Set the mode selector switch on the leftmost E K EY (Elekey) and E B UG (Elebag key) to E K EY . これでアイアンビ This is Iron Bi
ックモード(通称エレキー)になります。 Mode (commonly known as electric key).
動作は、一般的なエレキーヤーとなります。 Operation is a general electric keyer. (通常の右手操作の時は親指が短点、人差し指が長点となります、左右 (In normal right-hand operation, the thumb is the short point and the index finger is the long point.
ツマミの同時押え(スクイズ操作)で、短点と長点の交互の連続符号が出ます) (Simultaneous presses of short and long points are displayed by pressing the knob simultaneously (squeeze operation))
モニターの音量をツマミで合わせます、またスピードツマミで、好みのスピードに合わせます。 Adjust the volume of the monitor with the knob and the speed knob to the desired speed.
2.3エレバグモードでのオペレーション 2.3 Operation in Elebag mode
モード切替スイッチをE BUGにします。 Set the mode switch to E BUG . これでエレバグモードの動作になります。 This is the operation of Elebug mode.
パドルの長点を長く押し、ながーい長点が出る事を確認します。 Press and hold the long point of the paddle and check that the long point comes out. 長点は任意長で、短点とスペースは自動で整えられ Long points are arbitrary length, short points and spaces are automatically adjusted
ます。 The 長点と短点の間のスペースや長点同士の間のスペースは、パドル操作が短すぎても、きれいに調整された信号 The space between the long and short points and the space between the long points is a well-tuned signal even if the paddle operation is too short

Page 2 Page 2
- 2 - -2-
になります。 It becomes. (一般的なセミエレキーと違い、綺麗な符号が出ます) (Unlike general semi-eleki, a beautiful code appears.)
ダブルレバーのパドルでも、後押しレバーが優先しますので、動作的にシングルレバーとなり大変操作し易くなってお Even with a double-lever paddle, the booster lever has priority, so it becomes a single lever in operation and is very easy to operate.
ります。 I will. (本機の特徴の一つで画期的です) (This is one of the features of this machine and is groundbreaking.)
3.メッセージメモリーの使い方 3. How to use message memory
3.1メモリーチャンネル 3.1 Memory channel
メモリーチャンネルは、 8チャンネルあり、これをCH 1からCH 4までの 4 個のプッシュスイッチ A、B、C、Dと中央 There are 8 memory channels, 4 push switches A, B, C, D from CH 1 to CH 4 and the center.
CHシフトスイッチを用いて操作します。 Operate using the CH shift switch.
CHシフトスイッチを下側に倒すとCH 5からCH 8までになります) (When the CH shift switch is tilted down, CH 5 to CH 8 are displayed.)
3.2メッセージの記録 3.2 Message recording
(メッセージを記録する時は、キーヤーのモニター音を使います) (When recording a message, use the monitor sound of the keyer)
メッセージを記録する時は、各チャンネルのプッシュスイッチを2秒ほど長押します。 To record a message, press and hold the push switch for each channel for about 2 seconds.
すると、モニターから“R”が聞こえるので、聞こえているうちに手を離してください。 Then, “R” can be heard from the monitor.
するとさらに、“BT“が聞こえます。 Then you will hear “BT”. ”R と”BT は、通常、違ったスピードで聞こえます。 “R and “BT usually sound at different speeds. ”BT のスピードが、現在のス The speed of “BT
ピード設定つまみの位置によるものです。 This depends on the position of the speed setting knob.
BT の後、パドルを操作してメモリーにメッセージを入力(記録)します。 After “ BT , operate the paddle to input (record) a message to the memory.
エレバグモードの場合はエレバグの信号が、アイアンビックの場合はアイアンビックモードで記録されます。 In Elebag mode, the Elebag signal is recorded, and in Iron Bic, it is recorded in Iron Bic mode. ( メッセー ( Message
ジ記録中に、モード変更は出来ません ) (The mode cannot be changed during recording. )
ワード間のスペースも、操作した通りの長さで記録されます。 The space between words is also recorded with the length as operated. (最大で短点40個分) (Maximum 40 short points)
メッセージ記録が終わったら、もう一度プッシュスイッチ(どれでも良い)を押してください。 When you have finished recording the message, press the push switch (any one).
すると、キーヤーは“AR”をモニターから出して、メッセージ記録を終了します。 Then, the keyer releases “AR” from the monitor and ends message recording.
メモリーが一杯になると、キーヤーは勝手に“AR”を出してメッセージ記録を終了します。 When the memory is full, the keyer issues “AR” without permission and ends message recording.
なお、メッセージ記録中は、本体側面の RIG端子には記録中のメッセージは出力されません。 During message recording, the message being recorded is not output to the RIG terminal on the side of the main unit .
(モニター音でキ-操作して下さい。 ただし、付加機能設定でデモモードに設定しておけば、記録中のメッセージが (Use the monitor sound to operate the key. However, if you set the demo mode in the additional function settings, the message being recorded
出力されます。 Is output. この場合も記録中のモ-ドの変更は出来ません) (In this case as well, the mode being recorded cannot be changed.)
3.3メッセージの削除 3.3 Deleting messages
記録したメッセージを削除したい場合は、“BT”のあと、何も入力しないでプッシュスイッチを押します。 If you want to delete the recorded message, press the push switch without entering anything after “BT”. キーヤーは、 The keyer
“T“の音を出して、そのチャンネルのメモリーを削除します。 “T” sound is output and the memory of that channel is deleted.
入力で間違った場合は、プッシュスイッチを押してメッセージの記録を一旦終了し、上記の操作で削除するか、上書き If you make a mistake, press the push switch to stop recording the message and delete it by the above operation or overwrite it.
します。 To do.
3.4メッセージの再生、停止 3.4 Playing and stopping messages
メッセージを再生するには、各チャンネルのプッシュスイッチを短く押します。 To play the message, briefly press the push switch for each channel.
(長押しすると、メッセージの記録になってしまいます) (If you press and hold it, it will be a message record.)
スイッチを離したら、すぐに再生が始まります。 Playback starts as soon as you release the switch. 記録したときのモードで再生されます。 Plays back in the mode in which it was recorded.
再生後は自動停止します Automatically stops after playback
途中で止めるときには、長点パドルを一度押します。 To stop halfway, press the long paddle once. CH1CH2又はCH3CH4の同時押しでも可) ( CH1 and CH2 or CH3 and CH4 can be pressed simultaneously)
再生しようとした、メモリーが空の場合は、キーヤーは“T”をモニターから出すだけです。 If the memory you are trying to play is empty, the keyer simply sends a “T” from the monitor.

Page 3 Page 3
- 3 - -3-
3.5再生中の割り込み 3.5 Interruption during playback
メッセージの再生中にもう一度どれかのボタンを押すと一旦停止し、キー操作が出来ます。 Press any button again during message playback to stop and operate keys. 更にもう一度どれかのボ One of the buttons again
タンを押すと再生を継続します。 Press the button to continue playback. (工夫次第で面白い使い方が出来ます) (You can use it interestingly depending on your ideas.)
4.ハンドキーの信号記録 4. Hand key signal recording
エレバグモードで、スピードを最大に設定し、本体左面の Hand Key の端子にハンドキー(縦振キー、バグキー、複 In Elebag mode, set the speed to the maximum and set the hand key (vertical key, bug key,
式キーなど)を3.5ミリのモノラルプラグで差し込みます、スピードツマミは MAXにします、これらキーの信号を記録す Plug in with a 3.5mm mono plug, set the speed knob to MAX, record the signal of these keys
ることが出来ます。 You can
記録開始の“BT“は、耳にも止まらない(?)スピードになりますが、これは無視します。 “BT” at the start of recording is a speed that does not stop at the ear (?), But this is ignored.
何でも打ってみてください。 Please try anything. 再生すると、記録したとおりに聞こえます。 When played, it will sound as recorded.
5.ハンドキーの補正動作 5.Hand key correction operation
エレバグモードで、スピードを普通に設定し、それと同じようなスピードでハンドキーを操作すると、手ではうまくとれな In Elebug mode, if you set the speed to normal and operate the hand keys at the same speed, it will not work well with your hand.
かったスペースが挿入され、聞きやすい符号になります。 A blank space is inserted to make the code easy to hear. 複式キー特有の符号の粘りの改善もできます(メモリーに記 You can also improve the stickiness of the code unique to the duplex key (recorded in memory).
録しても、同様のスペース補正付きで記録されます) Even if you record, it will be recorded with the same space correction)
また、ハンドキーのスピードが余り速くなるとキーヤーがついてこなくなるので、適当にキーヤーの方のスピードを調節 Also, if the hand key speed is too high, the keyer will not follow, so adjust the speed of the keyer appropriately.
してください。 please.
逆にキーヤーのスピードを早くしていくと、スペースの補正の程度が少なくなっていきます。 Conversely, if you increase the speed of the keyer, the degree of space correction will decrease. スピードを最大とすると、ス If the maximum speed is set,
ペースの補正が殆ど無くなり、マニュアルで打った殆どそのままの信号が出力され、また、記録されるようになります。 Pace correction is almost lost, and almost the same signal that was hit manually is output and recorded.
6.メモリーのサイズ 6. Memory size
記録できる文字数は、モード、入力する符号、スペースの長さによって変化します。 The number of characters that can be recorded varies depending on the mode, input code, and space length. 次の記録文字数が各チャンネル The next number of recorded characters is each channel
の目安です。 It is a rough standard. (アイアンビックモードで、8つのCH合計で最大6,000文字) (Up to 6,000 characters in total for 8 channels in Iron Bic mode)
アイアンビックモード: およそ750字 Iron Bic mode: Approximately 750 characters
エレバグモード: およそ375字 Elebag mode: approx. 375 characters
マニュアルキーの場合: およそ225字 Manual key: 225 characters
(注意事項) (Precautions)
● リグのキ-入力は ストレートキー用にして下さい。 ● Use the straight key for rig key input .
● 製品のデザイン、仕様等は、予告無く変更することがあります。 ● Product design and specifications are subject to change without notice.
GK609Aを真空管式リグに直接接続する事は出来ません GK609A can not be directly connected to a vacuum tube rig. (キー端子に高圧がかかっているためです) (This is because the key terminal is under high pressure.)
● 電池は液漏れする事が有ります、1 年に 1 度は下ケ-スの電池交換用フタのネジ 2 本を外し電池の交換をして下さ ● The battery may leak. Once a year, remove the two battery replacement cover screws in the lower case and replace the battery.
い。 Yes. (電池のマイナス側を奥に差し込みます、電池は 2 本とも同じ向きです) (Insert the negative side of the battery into the back. Both batteries are in the same direction.)
● リグとの接続には付属の単芯シールドコードをお使いください。 ● Use the supplied single-core shielded cord for connection to the rig. リグ側のプラグは別途ご用意下さい。 Please prepare the plug on the rig side separately.
(リグによってプラグの種類が違う為です) (Because the type of plug differs depending on the rig)
● プリント基板は取り外さないで下さい。 ● Do not remove the printed circuit board. (取り外すと初期の性能が発揮出来なくなります) (If removed, the initial performance cannot be achieved.)

Page 4 Page 4
- 4 - - Four -
GK609A付加機能(アッドオンファンクション)の設定 GK609A additional function (add on function) settings
付加機能(アッドオンファンクション)として、次の4つのモードを設定することができます。 As an additional function (add on function), the following four modes can be set.
必要に応じて設定し 、活用して下さい。 Set and use as required .
①デモモード: メッセージ記録時に、モニター信号を出力にも出す。 (1) Demo mode: Outputs monitor signal to output during message recording. (通常は、内蔵モニター音のみ) (Normally, only the built-in monitor sound)
②自動CQモード: CH2のみで設定可能で、自動で一連のCQを2回出力する。 (2) Automatic CQ mode: Can be set only with CH2, and automatically outputs a series of CQ twice.
③リピートモードA: 全CHで、記録したメッセージを繰り返し出力できるようになる。 (3) Repeat mode A: Recorded messages can be output repeatedly on all channels. (A:All) (A: All)
④リピートモードS: CH4とCH8で、記録したメッセージを繰り返し出力できるようになる。 ④ Repeat mode S: Recorded messages can be output repeatedly on CH4 and CH8. (S:Selected) (S: Selected)
●各モードの設定手順は、次ページのチャートのようになります。 ● The setting procedure for each mode is shown in the chart on the next page.
下記は自動 CQモード設定の例です、自局のコールサインが未入力の場合は、次のようになります。 The following is an example of automatic CQ mode setting. If your station's call sign is not entered, it will be as follows.
①スイッチ CとスイッチDを長押しします。 (1 ) Press and hold switch C and switch D. C BTが聞こえたらスイッチから手を離します。 When you hear C BT , release the switch.
②自局のコールサインをパドルの操作で入力します。 (2) Enter the call sign of your station using the paddle. (何も入力せず A、B、C、D のいずれかのスイッチを押すと、モニ (If you do not enter anything and press one of the A, B, C, or D switches,
ターから” T ”が出て、入力されたコールサインは削除されます) " T " appears on the screen and the entered call sign is deleted)
③スイッチ Bを押します“ AR ”が出ます。 ③Press switch B.AR ” appears.
これでコールサイン入力は終わりました。 This completes the call sign input.
次に、CH2に自動CQモードの設定をします。 Next, set the automatic CQ mode to CH2.
CHスイッチを上側( CH1-4 )にします。 ( 5 ) Set the CH switch to the upper position ( CH1-4 ).
⑥ スイッチ ABを同時に長押しします。 Press and hold switch A and B at the same time. ?が聞こえたらスイッチから手を離します。 When you hear ? ”, Release the switch.
⑦ スイッチ Bを長押ししRが出たら手を離します。 Press and hold switch B and release when R appears. (これで設定完了です (This completes the setting.
⑧もう一度スイッチ Bを押すと自動CQが出ます。 押 す When switch B is pressed again , automatic CQ appears.
モード切替スイッチ AB CH スイッチ C D POWスイッチRIG切り替えスイッチ Mode switch AB CH switch CD POW switch RIG switch
RIG A は左側面、RIG B と C は右側面になります RIG A is the left side and RIG B and C are the right side

Page 5 Page 5
- 5 - - Five -
付加機能(アッドオンファンクション)の各モードの設定手順 Setting procedure for each mode of additional function (add-on function)
①スイッチ AとスイッチBを同時に長く(2秒位)押す→モニターから“ ”が出たらスイッチから手を離す。 (1 ) Press switch A and switch B at the same time for a long time (about 2 seconds) → Release the switch when “ ? ” Appears on the monitor.
② 次 に ② Next
アッドオン Add-on
ファンクション function
押すスイッチ Push switch
スイッチを長く押す(2秒位) Press and hold the switch (about 2 seconds)
ファンクションON Function ON
スイッチを短く押す Press the switch briefly
ファンクションOFF Function OFF
デモモード Demo mode
スイッチ A Switch A
記録時もモニター信号を Monitor signal even during recording
出力にも出す Also output
解除 Cancel
自動CQ( CH2のみ) Automatic CQ ( CH2 only)
スイッチ B Switch B
自動で一連のCQを 2 回出力 Automatically output a series of CQ twice
解除 Cancel
リピードモードA Repeat mode A
スイッチ C Switch C
CHとも All CH
リピートモード Repeat mode
解除 Cancel
リピードモードS Repeat mode S
スイッチ D Switch D
CH4と CH 8が CH4 and CH8
リピートモード Repeat mode
解除 Cancel
モニターから“ " R " from the monitor
モニターから“ " N " from the monitor
③設 定 完 了 ③ Completion of setting
(注意事項) (Precautions)
● CH に記録したメッセージの送出が完了していない時やCHボタンを押して一時停止している時に、別のCHに記録 ● When sending message recorded on CH is not completed or when paused by pressing CH button, record to another CH
したメッセージを送出することはできません。 Cannot be sent. 長音パドルを押して送出を中止するか、メッセージ送出の終了を確認し Stop sending by pressing the long sound paddle, or confirm the end of message sending.
てから、送出したい CHボタンを押してください。 Then press the CH button you want to send.
● CH2が自動CQモードに設定されている場合、リピートモードAに設定しても、CH2はリピートモードにならない。 ● When CH2 is set to automatic CQ mode, even if it is set to repeat mode A, CH2 does not enter repeat mode. (自 (Self
動CQモードが優先) Dynamic CQ mode has priority)
●設定の全解除(オールクリァ)は、一度 POWスイッチを切りスイッチAを押しながらPOWスイッチをONにしてくださ ● To cancel all settings (all clear), turn off the POW switch once and turn on the POW switch while pressing switch A.
い。 Yes.
AモードとBモードについて About A mode and B mode
・エレキーヤーのモードには 2つあり、出荷時はBモードになっています ・ There are two modes of the electric keyer, and it is set to B mode at the time of shipment.
・モードの切り替えは スイッチ Bを押したままPOWスイッチをONする毎にAモードとBモードが切り替わり ・ Switching between modes A mode and B mode are switched each time the POW switch is turned on with switch B pressed.
ます (Aモードになったときはスピーカーよりトツーと出ます、 Bモードになったと時はツートトトとなります) ( Toggle out of the speaker when in A mode, Tototo when in B mode )
・スクイズ操作をした時に符号が一つ多く出ると感じた時は Aモードにします ・ If you feel that one more code appears when you squeeze, change to A mode.
・スクイズ操作をした時に符号が一つ少ないと感じた時は Bモードにします ・ If you feel that the code is one less when you squeeze, switch to B mode
(注意事項) (Precautions)
● リグとの接続は付属の1芯コードをお使い下さい。 ● Use the included 1-core cord to connect to the rig.
(リグのキー入力は、ストレートキー用にして下さい) (Use rig key input for straight keys)
●リグ側のプラグはリグによってプラグの種類が異なりますのでお客様でご用意願います。 ● The plug on the rig side must be prepared by the customer as the plug type varies depending on the rig.
株式会社 GHD キー GHD Key Inc.
〒981-3326 宮城県富谷市明石下向田 24-14 24-14 Akashishita Mukaida, Tomiya City, Miyagi Prefecture 981-3326
Tel022-779-0681 Fax022-779-0682 Tel : 022-779-0681 Fax : 022-779-0682